スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

121

最近、ボクのブログは、sk8の「おおお~!」って記事も少なく、

明るい話題もあまりありませんでした(-"-)

今日こそは、楽しい話を伝えたいなと思っていました。

なのに、なのに、・・・。

ボクが家に帰ると、インコのクーちゃんが、死んでいました。


ただただ、悲しく、淋しい気持ちでいっぱいでした。


クーちゃんは、ボクがまだ小学生の頃、マンションの下で走りまわっていた所を

保護したのです。

まだ生まれてそんなに日が経ってない感じの小さいインコでした。

なのに、めちゃめちゃ足が早くてビックリです。鳥のオリンピックがあれば、

間違いなく、超期待のホープです♪

だけど、よーく見ると、羽が切られていました。

確かに足が早いわけです。足しか、敵から逃げる術が無かったのです。

それがクーとの出会いでした。

家に連れて帰るなり、ボクの家は、ずーっと昔から、鳥が大好きで、飼い続けてる

ので、かごもエサもなんでもそろってます(*^^)v

クーにエサを与えると、ず~っと食べ続けました。どんだけ~?ってくらい!

相当食べて無かったのでしょうね。

そこで名前が決まりました。食う、クー。クーちゃんが家族になった瞬間です♪


いつも、ボクや家族がドアを開けると、「ピーチョン!♪」って、

お腹のそこからデッカイ声を出して喜んでくれました。

文鳥のトゥイーちゃんの方からエサを変えると、「ギャギャギャ~!」って、

はぶてたりと、とにかくまだ若く、元気は一番だったのに、とても信じられない状況。

唖然、と言う言葉しか思い付きません。

まだ、2年ちょいなのです。

トゥイーちゃんは、はるかに歳をとっていて、今では多分おばあちゃん?

小さい棺を作り、お花を供え、線香を焚いて、お別れをしました。

クーちゃんは、 病死でした。でも、調子が変だと気付いたら病院に連れていきます。

なのに、昨日の朝まで、いつもと変わらず元気でした。

夜は、少し下を向いていたらしいのですが、新聞紙を引っ張ったりの、いつものいたずら

くらいにしか思わなかったそうです。悔しくて、泣いていました。

ペットは、家族だし、癒しの一つだけど、別れはいつも突然で、凄く悲しいです。

これからも、たくさんこんな経験するのでしょうが、やっぱり、

多分、また、繰り返すのだろうと思います。

人生って、よく解らないけど、そう言う繰り返しなのかな?と。

クーちゃん

頬にある、ハートマークが印象的なクーちゃん♥

ボクん家の駐車場に一番近い植え込みに、埋めました。

元いた場所に、帰りました。

今まで、本当に、ありがとう\(^▽^)/

絶対、忘れないよ。
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

kohki

Author:kohki
kohki ikegami
1995.10.19 AB型
DECK FELEM DRIVEN
WHEEL SPITFIRE
TRUCK INDEPENDENT
I♥sk8&bird+neco

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。